busty teen pussylicked by new stepmother. babe hub
white mature sucking bbc good.Sourcehttps://cliphunter.global
453 VIEWS

【純水クリーニングのお話し】



《純水を用いたガラスクリーニングがようやく普及してきたように思います》

10年ほど前までは「純水で綺麗になるワケがない!」「わざわざ純水を使う必要は無い」等のお言葉を多く頂いてきました…しかし、長年の地道な営業活動でようやく普及してきたと実感しております。それは、実際に導入されたお客様が多数いらっしゃるということの証でもあります。展示会等でも「純水を導入して良かったよ!」と言うお言葉を頂くことが非常に多くなりました。しかし、その反面で未だに懐疑的な見方をされる方がいらっしゃるのも事実です…そこで、今一度この純水について考えてみたいと思います。

 

《そもそも純水とは何?》

純水とは…不純物を含まない完全なH2Oに近い水を指します。

H2Oは“水”として広く用いられてきております。(水素原子2個+酸素原子1個が結合したもの)
その“水”…ここでは一般的な水道水としましょう。この水道水には、様々な物質が溶け込んでいます。代表的な物としては、消毒用に用いられている“塩素”つまりカルキです。その他にも、水の旨み成分でもあるカルシウムやマグネシウム等の“各種ミネラル分”(無機イオン)です。このような各種ミネラル分等は地域などによって含有量が違ってきます。これらの塩素・ミネラルを取り除いた水を純水と称しています。

【なぜ純水でキレイになるのか?】

この純水は、その中に物を溶かし込む作用があり、ガラス表面の汚れを取り込もうとするために汚れが落ちる仕組みとなっています。(油脂分等は洗剤を使用しなければならないこともあります)

 

 

《純水精製機の種類と純水の作り方》
ガラスクリーニングに用いる純水は、主に2種類の方法で作られます。(以下の説明は非常に簡素化した内容ですのでご了承ください)
イオン交換樹脂(DI)を用いた精製法と、逆浸透膜(RO)を用いた精製法に分かれます。それぞれにメリットとデメリットがあるのでしっかりと確認して、ご自分に合う純水精製装置をお求めになることをお勧めします。
※このメリットとデメリットを正確に伝えられるかどうかも非常に重要ですよ!


〈イオン交換樹脂(DI)方式の仕組み〉

イオン交換樹脂タイプの純水精製機の仕組み

 

 

イオン交換樹脂(DI)を用いた方法は非常に簡単な仕組みで、DIを充填した筐体の中に水が入り、水の中に含まれる“+の陽イオン”と“-の陰イオン”をそれぞれの電荷のイオン交換樹脂(DI)に吸着させて純水化させます。

【メリット】
①イニシャルコストが抑えられる ②電源不要で使用できる ③構造が簡単なのでトラブルが少ない ④基本的に入水した水全てが純水化できる
【デメリット】
①イオン交換樹脂が元水に影響されやすくフィルター交換頻度が多くなることがある ②水道圧が低いと揚水できないことがある

DI単体での純水精製機は「アクアクリーンEZ1PRO+」が代表的な製品です。

 

 

〈逆浸透膜(RO)方式の仕組み〉

逆浸透膜タイプの純水精製機の仕組み

逆浸透膜(RO)は、その名の通り浸透圧を利用します。非常に細かい細孔のフィルターに、水分子のみが浸透して不純物を除去します。(左の画像はガラスクリーニングに用いられる基本的な仕組みです)
基本的な仕組みとして、カーボンフィルター(活性炭)で大まかな塩素や有機物を除去し、ある程度キレイになった水をポンプで加圧して逆浸透膜(RO)に送り、不純物を除去します。
更に、一部の水溶化しているイオン化不純物をイオン交換樹脂(RO)に送り除去します。

【メリット】
①非常に精度の高い純水を得ることができる ②数種のフィルターを使用するので逆浸透膜(RO)が長持ちする ③ランニングコストが抑えられる
※ランニングコストに関しては、使用する元水の管理や、正しい使用法とメンテナンスを行うことが前提です。
【デメリット】
①イニシャルコストが高くなってしまう ②ポンプ加圧をする必要があるため電源が必要 ③必ず捨て水が発生する(この捨て水は、構造上必ず出る仕組みになっています)

複合タイプの純水精製機は「アクアクリーンPW3」が代表的な製品です。

 

アクアクリーン EZ1PRO+

イオン交換樹脂(DI)単体タイプの純水精製装置

 

アクアクリーン PW3

活性炭+逆浸透膜(RO)+イオン交換樹脂(DI)複合タイプの純水精製装置

《TDSメーターによる計測》

デモンストレーション等では、必ず現地の水道水を容器に取って、TDSメーターで水質チェックをします。

これは、導入地の水の中に含まれる“不純物”がどのくらい入っているかをチェックするためです。
(この場合の不純物とは、各種ミネラル成分や塩素分を指しますが、決して汚い水と言う表現ではございません)


この際にTDSメーター上に表示される数字の単位は“ppm”という単位です。どのようにしてTDSメーターで、その数値を出しているかと言うと「水中の電気伝導度」を測定しているにすぎません。本来でしたら“mS/m”(ミリジーメンスパーメートル)と言う単位を用いるのが正しいのですが、この電気伝導度の数値を便宜上“ppm”に置き換えています。


また、勘違いされている方も多いのですが…ppmの数値は、単純に「水の硬度」とは言い切れません。

特に日本の場合は、各種ミネラルの他に塩素(カルキ)の存在が大きく左右するからです。この塩素分が多いと必然的にppmの数値は大きくなります。なのでppm=硬度とは言い切れないのです。

純水精製機の場合、各種ミネラル成分や塩素分が多い水、気温や水温、保管状況によりフィルターへの負担が大きくなることは否めません。(使用できる水は上水道水のみに限られます)※写真のTDSメーターは参考画像です。

 

《純水精製機の導入に関して》


重要なことは…まず実績のあるメーカー及び営業マンにしっかりと聞くことです!


これらの機材は、決して安い買い物ではございません!

そのような中で弊社では、様々な現場でのデモンストレーションを行ってまいりました。
現場毎でその状況は違ってきます…対象の建物の形状・高さ・周囲の状況etc…これらの全てを総合的に見て経験豊富な弊社営業マンが判断し、お客様に最適な機材のご案内ができます。
様々な現場を見てきた知識と経験があり、純水クリーニングを熟知したメーカー&販売店様から純水精製機を購入することを強くお勧めします。

 

 

 

弊社ビルメン部隊でも大活躍の機材です!

さぁ!今すぐお問合せを♪(^^)/

 


ETTORE正規日本総輸入販売元 株式会社トライテクノスが掲載した記事

関連する記事

51 VIEWS

“感染予防清掃”対応商品のご紹介をさせていただきます。

新型コロナウイルスは社会に甚大な影響を及ぼしています。
少しずつ収束に向かっているようですが、当面は、すぐに社会生活が元にもどることはなく、建物の清掃も感染の警戒を続けながらの実施になると予測されます。

 つきましては当面継続される感染警戒の観点を取り入れつつ、清掃の本来の目的である汚れの除去と美観の維持を考えた感染予防清掃に対応した商品をご紹介します。

詳しくはトップページ上””感染予防清掃対応商品のご紹介”のボタンをクリック!!

2020/05/22 14:33
70 VIEWS

ナルビー公式Twitterにてリツイートキャンペーンを開催中!

刃物メーカーのナルビーが6月にナイフ2種新発売を記念して キャンペーンを開催しています。 フォロー&リツイートでナイフが当たる!! 応募はこちらから https…

2020/05/19 16:05

他にもこんな記事があります

11 VIEWS

住まいのキズ補修教えます!

弊社では住宅の床のキズを直す「キズ補修セミナー」を開催しており、 これまでに多くの方が受講され、役立てていただいております。 補修の基礎から応用までを実際に作業…

2020/05/27 15:46

incestflix muscular dude takes two cocks in his starving mouth in the pawnshop.